内視鏡のバイト 看護師の需要はあるの?

内視鏡のバイトで看護師の求人はあるのでしょうか?またどういった役割を担うのでしょうか?内視鏡看護師に専門職のイメージを持っていると、バイトのイメージが逆にできないかもしれません。しかし、実は結構バイトも多いのです。

内視鏡のバイトで看護師の求人は多いの?

内視鏡のバイトで看護師募集というのは多いのでしょうか?内視鏡看護師は専門職のようなイメージがあるため、バイトでの採用は少ないように思うかもしれません。

しかし、実際のところは案外バイトでの募集が多いのです。これはどういうことなのでしょうか?

内視鏡の看護師をバイトで探しているところの多くは、一言で言うと内視鏡検査もいくらかやっている程度のところです。

こういった病院が案外多いのです。例えば、外来部門の中で検査室があり、内視鏡検査を希望する患者様がいれば対応する、でも毎日はいない。

こういったところでは、外来で正社員として採用する看護師に、内視鏡室も兼任するように話をするケースが多いです。

しかし、内視鏡介助の経験者に限る、ということになります。そして、内視鏡介助の経験がある正社員の応募がない時は、

内視鏡経験者のバイトを採用し、正社員の看護師を指導させながら内視鏡介助の実務を覚えさていく、という形を選択していますね。

最近では内視鏡室に経験者を配置する病院が増えているため、内視鏡経験者の確保は至上命題になりつつあります。

絶対数として内視鏡の経験者はそれ程多くないのです。よって、バイトでもいいので、経験者がいれば採用するというケースが増えているという事情もあります。

実際に、内視鏡室の求人は、ママさんナースにとっては非常に嬉しものが多いです。ではどういった条件になっているかは、次でお話します。

内視鏡のバイト 看護師の多くはママさんナース

内視鏡のバイトの看護師は、ママさんナースが多くなっています。これは、いくつか理由があるのですが、最も大きな理由は、内視鏡室の勤務時間がちょうど良いことです。

ママさんナースの多くはクリニックでの午前診での勤務を行っていますが、正直に言うと物足りないと感じている看護師が多いです。

また、できることなら週5日の午前診よりも週3日15時まで勤務したいというケースも多いです。そういった選択肢に内視鏡室の求人が該当するのです。

内視鏡室のバイトは15時までの勤務などもあり、そういったとこであれば、子供が小さいママさんナースでも、安心して仕事ができます。

また、残業がほとんどないため、幼稚園の迎えなどの心配も病棟などでの勤務と比べるとありません。

さらに、時給が高いのも魅力の1つでしょう。時給2,000円程度になるケースもそれ程珍しくありません。

内視鏡のスキルを持っていることが、それだけ重宝されるようになってきているということです。

内視鏡のバイトの看護師になるために

内視鏡のバイトの看護師になるためには、どうしたら良いのでしょうか?まず、大前提としては、内視鏡の経験があることですね。これがないと前に進みません。

できれば、この経験も3年以上あることが望ましいです。内視鏡看護師の即戦力を求めているということですので、この点の妥協はあまりしてもらえないと考える方が良いですね。

後は、内視鏡のバイトの求人を見つけないといけません。求人がないことはありませんが、病棟のように多くの求人があるわけではないのです。

また、内視鏡の正社員の看護師を募集しているところも、バイトの採用は難しいことが多いです。

求人広告に関しては、求人を出す側も費用対効果を考えますので、あまり内視鏡のバイトの求人は出さないと考えた方が良いでしょう。

求人を出して多くの看護師から応募があるような職種や、多くの人数を採用したい職種を優先的に出すのが一般的ですね。

では、内視鏡のバイトのような求人はどういったところにあるのかというと、病院などのホームページです。

ここは求人しているものを全て掲載していますので、最も見つけることが出来る可能性が高いでしょう。

しかし、内視鏡のバイトは消化器の専門病院ではなく、内視鏡検査もしている程度の病院です。どういった病院が該当するのか分かりにくいですよね。

そういった時に、看護師転職支援サイトに聞いてみると良いかもしれません。常に求人の確認をしていますので、話があればすぐに案内してくれるでしょう。

このページの先頭へ