内視鏡の看護師 やりがいはどういったことがあるの?

内視鏡の看護師のやりがいはどういったことがあるのでしょうか?もちろん、専門職ということでやりがいは多く感じているはずですよね。内視鏡看護師のやりがいをまとめてみました。

内視鏡の看護師がやりがいに感じる瞬間

内視鏡の看護師がやりがいに感じる瞬間はどういった時なのでしょうか?いろいろとやりがいがありますが、その中でやりがいを感じる瞬間は、やはり医師に認められた時でしょう。

内視鏡やオペ室は基本的に医師の介助が業務です。準備から患者様、家族への説明、そして行っている時に介助、その後の説明や片付けです。

この一連の流れの中で、医師から信頼されていると感じることが出来た時に、内視鏡介助をやってきて良かったと思うのです。

では、その医師に認められたと感じる瞬間はどういったものなのでしょうか?正直これはその看護師の感覚ですね。

明確に認められるとどう変わるというものはありませんし、分かりにくいものではありますが、ちょっとした変化があります。

もしくは、医師がいつもとはちょっとだけ違う言葉を発したり、急に褒められたりと、何かしらの変化という表現が正しいでしょう。

そして、医師に認められたと感じる瞬間と同等に嬉しいのが、患者様からの感謝の言葉ですね。

基本的には、看護師は専門職であり自分の仕事に誇りを持って行っています。その仕事を認めてもらえることが最も嬉しく、やりがいを感じるのです。

専門性を求める看護師は、特にその傾向が強いですね。よって、内視鏡介助に携わる看護師も、認めてもらいたいという気持ちが強い看護師が多いです。

内視鏡の看護師 やりがいは目標が持ちやすい

内視鏡の看護師は、目標を持ちやすいという特徴があります。内視鏡を一生涯やっていこうと決めた看護師のみではありますが、消化器内視鏡技師という資格があるためです。

まずは、この資格を取得できるように、症例をどんどんこなしていって、医師に認められるようにスキルアップしていけば良いのです。

そして、症例を積んでいけば、今度は講座などに参加し、どんどん勉強していくことで、スキルアップに繋げていくことができます。

この過程の中で、やりがいを感じながら自己成長していくのです。やりがいというのは、成長していることを感じることとも言えます。

看護師はもともとやりがいが多い仕事です。人の生死に関わる仕事ですので、責任も重いですが、その分やりがいに感じる瞬間も多いのです。

その中で、目標を明確に持ってスキルアップしていける環境があるというのが、一番のやりがいと感じることではないでしょうか。

内視鏡の看護師 やりがいを感じにくくなった時は

内視鏡の看護師はやりがいを感じやすいという話をずっとしてきましたが、ふとやりがいを感じにくくなる時があります。

これは、内視鏡介助という仕事に慣れてしまい、刺激がなくなった時に起こります。

また新たな目標を持てば、やりがいを感じながら仕事ができますが、なかなか気持ちの切り替えができないこともあります。

そういった時には、思い切って別の職場に転職してみるという手段があります。それも、内視鏡とは全く違う部署ですね。

これは荒療治かもしれませんが、自分の全てだと思っていたものに対する熱意が冷めてしまった時に別のことをしてみて、やっぱり自分にはこれしかない、と思わせるというものです。

看護師の場合は求人も多く存在していますし、一度退職した職場にも出戻りするケースも普通にあります。

ということは、ここで一旦内視鏡介助とは全く違う仕事をしてみても、また内視鏡室での勤務がしたいと思えば、戻る先はいくつかあるだろうということです。

しかし、こういった時には、慎重に転職することが必要ですので、看護師転職支援サイトを活用し、転職コンサルタントに相談すると良いでしょう。

看護師としての仕事は一生涯行うのであれば40年程度になります。その間全くブレずに仕事をし続ける人は、ほとんどいません。どこかのタイミングで迷うのです。

その迷いがある時にどういった行動を取るかで、その先の道が変わってくる可能性がありますので、慎重に考えて進みましょう。

このページの先頭へ