看護師の派遣 内視鏡室なんかもあるの?

看護師の派遣で内視鏡室はあるのでしょうか?内視鏡室はいろいろな事情で、経験豊富な看護師を必要としていることがあります。そういった時に派遣看護師の需要が出てきます。

看護師の派遣 内視鏡室では案外需要がある

看護師の派遣は内視鏡室で案外需要があります。どういった時に需要があるのかというと、急に内視鏡検査の件数多くなったり、経験豊富な内視鏡看護師が退職した時などです。

内視鏡看護師が退職した時は、派遣看護師で凌ぐケースがあります。

内視鏡の経験がなくても大丈夫であれば、求人を出せば応募する看護師はいますが、経験者は少ないです。

よって、経験者を派遣看護師として採用し、対応することになります。

この時の派遣看護師は内視鏡介助の実務をこなすことになりますが、それ以外にも内視鏡介助未経験の看護師に対し、教育や指導を行っていく役割を担うこともあります。

というのも、派遣看護師は長期間雇用することができませんし、派遣看護師にはコストがかかります。よって、自前の内視鏡看護師を育てることが必要なのです。

もちろん、すぐに育つことはありませんので、一定期間派遣看護師に指導してもらい、その上で大丈夫になった時に派遣終了という形になります。

派遣看護師というのは、期間を定めての雇用ですので、計画は立てやすいというメリットがあります。

また、上限はありますが看護師の了承があれば契約期限を伸ばすこともできますので、上手く活用するところは派遣看護師がありがたい存在になっています。

本来専門的なスキルの分野を派遣スタッフで賄うのが一般的です。ということは、内視鏡看護師は、その使い方に一致しているのです。

通常の派遣看護師は、あまり専門的ということではなく、人員補充という意味合いのところもあり、派遣がもったいなく感じるケースもあるようです。

しかし、こういった専門性が高い分野を一定期間補ってもらう、そして指導してもらうというのは、理にかなった派遣の使い方と言えるでしょう。

看護師の派遣 内視鏡看護師の時給はどうなの?

看護師の派遣で内視鏡看護師の時給はどうなのでしょうか?もちろん、派遣会社によって、もしくは仕事内容によって違いはありますが、時給2,000円以上のケースが多いです。

通常の看護師派遣が時給1,800円くらいが多いため、結構高めになっています。もっと高いところでは、時給2,500円などもあります。

それだけ内視鏡介助が出来る看護師は貴重なのです。よって、ママさんナースで内視鏡の経験が豊富な方は、派遣で内視鏡介助が不足している病院やクリニックを回る形をとっているケースがあります。

特定の場所でパートとして勤務するよりも、派遣看護師として内視鏡検査に携わる方が効率的に稼げるためです。

派遣の場合は安定性がないと言われていますが、ママさんナースで小遣い稼ぎとして考えているのであれば、派遣というのはおいしい働き方と言えるでしょう。

看護師の派遣 内視鏡を希望するためには

看護師の派遣で内視鏡室の勤務を希望するのであれば、やはりそれなりの経験やスキルが必要です。

最も話が早いのは、消化器内視鏡技師の資格を持っていることですね。この資格があれば、派遣で内視鏡介助の仕事が出来る可能性が高まります。

そうでない時には、まずは内視鏡室での勤務経験が3年以上がボーダーラインになります。これをクリアしていないと、派遣としての勤務は難しいでしょう。

派遣で内視鏡介助を行うのであれば、即戦力であってできれば教育なども出来る看護師を望んでいるケースが多いです。

教育などもとなると自分が出来るだけではないため、ベテランの領域に至っていることがベストと言えます。

しかし、派遣先によって求めていることは違います。

また、派遣看護師として内視鏡室で勤務するのが難しいと感じた時は、看護師転職支援サイトを活用し、パート先を探すという手段もあります。

時給は大分下がってしまうかもしれませんが、無理して勤務すると、後々トラブルが発生する可能性が高くなります。

まずは自分自身のスキルをしっかりと磨き、そのスキルで無理なく仕事が出来るところで働くようにしましょう。

このページの先頭へ