内視鏡の看護師 求人はどういったものがあるの?

内視鏡の看護師の求人にはどういったものがあるのでしょうか?あまり内視鏡室の求人というものは見かけませんよね。これは、内視鏡室の求人自体が少ないのか、それとも内視鏡室の求人は単独ではないのか。その辺りを詳しく述べます。

内視鏡の看護師 求人の特徴

内視鏡の看護師の求人の特徴は、内視鏡室の求人という形で大々的に出ることが少ないことです。

つまり、求人に内視鏡室と書かれていないのです。例えば、外来の中に組み込まれていたり、検査室という表記になっていたりします。

これはどういうことかと言うと、求人側からすると保険ですね。内視鏡室の求人としてしまうと、内視鏡以外の仕事を依頼しにくくなります。

しかし、内視鏡室に関しては、常に検査を希望する人が多いとは限りません。状況によっては、内視鏡検査を希望する人が少ないため、別の仕事をしてもらいたいという希望もあるのです。

言い方を変えると、消化器の専門病院であれば、内視鏡看護師の募集を行っています。専門分野なので、内視鏡検査が少ないことはないためです。

このように、内視鏡にどれくらい力を入れているかで、随分と仕事内容が変わってきます。

看護師からすると、当然専門的に行っている消化器の専門病院を希望しているのかというと、実はそうとも限りません。

やはり、消化器専門の病院は内視鏡の件数が多く、対応にバタバタと追われてしまうことになる可能性が高いからです。

出来れば無理のない件数をゆっくりとこなしていきたいのが本音です。ただ、採用側はしっかりと働いて欲しいため、そういった環境を作ってくれることは少ないですね。

求人側は仮に行ってもらう仕事が変わっても大丈夫なように、内視鏡室の求人となっていないという認識をして問題ないでしょう。

内視鏡の看護師 求人は外来から探す

内視鏡の看護師の求人は、外来の求人から探すのがベストです。外来から探すのであれば、きっと見つかります。

内視鏡室の求人は、外来の求人とほとんど条件が一緒です。ただ、内視鏡専属になると、17時から20時くらいまでの午後診の勤務がないので、これもメリットの1つになります。

つまり、内視鏡室の求人は9時から17時までの勤務時間になることが多いです。これは、病院だけでなくクリニックでも同じことが言えます。

内視鏡専門のクリニックの場合は、外来看護師と内視鏡看護師を分けますので、内視鏡看護師は内視鏡の介助だけに専念することができるのです。

内視鏡を専門にスキルアップしていきたい方は消化器専門の病院やクリニック、内視鏡のスキルも活かしながらというのであれば、内視鏡も行っている病院やクリニックですね。

ただ、専門ではないところほど、内視鏡の経験者を募集している傾向にありますので、まずは専門病院やクリニックでしっかりと経験することをお勧めします。

内視鏡 看護師の求人の条件的な話

内視鏡の看護師の求人の条件面はどんな感じなのでしょうか?勤務時間は9時から17時になっていることがあると伝えましたが、日曜日や祝日も休みのケースが多いです。

特にクリニックであれば日曜日や祝日はクリニック自体が閉まってしまうので、休みですよね。こういったこともメリットの1つと言えるでしょう。

また、消化器の専門病院やクリニックでは、給与が高い傾向があります。月給で30万以上になることもあり、1日の内視鏡の件数が多いところでは、月給40万程度のところもあります。

もちろん、日勤のみでの話ですので、かなり条件的に良いことが分かりますね。但し、言い方を変えるとそれだけ内視鏡の介助の仕事は責任重大な仕事と言えます。

月給が高くても、それだけの仕事をしているわけですね。

内視鏡看護師の求人を探す際に、自分だけではなかなか条件の良いところを見つけるのが難しいかもしれません。

どうしても求人の絶対数として、病院の病棟や外来の求人が多いためです。よって、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに探してもらうという手段もあります。

まず、看護師転職支援サイトは多くの病院やクリニックと付き合いがあります。となると、内視鏡の経験がある看護師の登録があった場合に、病院やクリニックに確認することができます。

消化器を専門にしている病院やクリニックに確認していくと、ちょうど募集をしようと思っていた、というケースも普通にあるのです。

このページの先頭へ