内視鏡の看護師 資格にはどういったものがあるの?

内視鏡の看護師は資格として取得しておくと良いものがあります。取得しないと仕事ができないということはありませんが、転職時に待遇面などで優遇されることが多いですね。

内視鏡の看護師 資格として取得した方が良いもの

内視鏡の看護師が資格として取得した方が良いものは、消化器内視鏡技師です。この資格の名前は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

消化器内視鏡技師の資格は、日本消化器内視鏡学会が認定するもので、多くの規定があります。

まずは、内視鏡介助の症例をどれくらいこなしてきたかという部分での規定があり、その後も日本消化器内視鏡学会が認める講義をどれくらい受けないといけないなどがあります。

逆を言うと、消化器内視鏡技師の資格が難しいことが知られているため、それだけ意味があるものになるのです。

また、この資格があることで、内視鏡介助を一定数以上行ってきたという証明になります。よって、採用側も安心して採用できるわけです。

内視鏡介助は症例数もさることながら、結局は技術がしっかりと身についているかどうかが重要です。そういった意味では消化器内視鏡技師の資格を持っていることが技術を持っている証明になります。

この消化器内視鏡技師の資格は看護師だけが取得できるものではありません。医療従事者で内視鏡に関わるもの、例えば臨床検査技師なども取得できます。

よって、看護師としてのスキルアップのために取得する資格ではなく、内視鏡介助を極めるために取得する資格だと認識した方が良いでしょう。

中には、消化器内視鏡技師のみの求人などもありますので、持っていて損はない資格ですね。

内視鏡の看護師 資格はじっくりと取得しよう

内視鏡の看護師の資格で、消化器内視鏡技師というものがあると説明しましたが、こういった資格は出来るだけ早く取得したいですよね。

しかし、内視鏡介助がしっかりとできるようになってからでないと、なかなか取得できない資格です。

また、医師と良好な関係にあることも大切です。というのも、医師が症例件数の証明書を書くためです。

出来ることなら、医師から望まれて消化器内視鏡技師の資格を取得するための勉強ができることがベストですね。

こういったことを考えても、長年勤務した実績がないと、消化器内視鏡技師の資格を受けることができません。

焦って早く受験できることを考えるのではなく、まずは内視鏡介助にしっかりと携わることができる環境で、勉強することが大切です。

その中で、医師から消化器内視鏡技師の話がくるようであれば、資格の取得は大丈夫でしょう。医師からの太鼓判があるということですから。

内視鏡の看護師 資格を取得するまでの道のり

内視鏡の看護師が資格を取得するまでの道のりは、どういったものなのでしょうか?

まずは、内視鏡介助の症例が豊富な病院やクリニックで勉強します。その中で多くの症例に関わり、消化器内視鏡技師の資格を受けるための資格を得ることが大切です。

ここまでいけば、後はしっかりと勉強し、認定試験に合格するだけですね。ただ、特定のスキル、技術が大丈夫というお墨付きをもらうための資格ですので、なかなか難しいです。

勉強だけに専念できる環境はなく、仕事をしつつ勉強もしていくということで、かなり追い込まれてしまうことがあるのです。

講義などに参加している他院の看護師を見て、自分よりもできるように感じて、自信を喪失してしまうこともあります。

そういった中で取得した資格は、本当に嬉しいものですね。

そして、資格を取得後は、いろいろな方向性があります。消化器内視鏡技師として勤務することもできますし、看護師として仕事をしていく上でのプラスアルファとすることもできます。

やはり、もっと内視鏡を専門に行っている職場で仕事がしたい、と思うこともあるかもしれません。

そういった時には、看護師転職支援サイトで探してもらうと良いかもしれません。

看護師転職支援サイトは、各々の病院の特徴を把握していますので、ぴったりな病院やクリニックを紹介してくれるでしょう。

消化器内視鏡技師を取得し、専門的な分野で仕事をしていくのであれば、妥協してはいけません。とことんこだわっていきましょう。

このページの先頭へ