内視鏡 看護師の役割は患者様と医師に安心感を与えること

内視鏡 看護師の役割はとにかく安心感を与えることです。誰に?という部分は医師と患者様ですね。患者様に安心感をというのは当然かもしれませんが、看護師の役割としては医師に対しても必要なのです。そのために雇われているケースもあるのですから。

内視鏡 看護師の役割は安心感がキーワード

内視鏡の看護師の役割というのは、仕事の部分で言うと機材の準備と片付け、洗浄など介助的な役割です。

また、患者様に対する説明を行ったり、検査当日の体調管理なども看護師の重要な役割ですね。

こういったことは内視鏡の介助を行うにあたって当然の仕事なのですが、実はそれが最も大切な役割ではありません。看護師の役割で重要なのは、内視鏡検査が安心して行われる環境を作ることです。

看護師は治療や検査を行うことが仕事ではなく、医師が行うのをサポートするのが仕事ですよね。このスタンスは看護師として仕事をする限り同じです。

内視鏡室での仕事も、内視鏡を挿入するのは医師の仕事です。そのサポート、介助を行うのが看護師の仕事ですよね。

では、何のためにサポート、介助を行うかというと、患者様と医師が安心して内視鏡検査を受けることができる、もしくは行うことができるためです。

近年では医療の質を言われることが増えていますが、そもそも医療の質とは何でしょうか?それは安心納得の医療です。

一昔前は患者様が医療的な知識を得る機会がなかったため、不安であっても何も分からなくても、医師や医療スタッフを信頼して任せるしかありませんでした。

しかし、今はインターネットで多くの情報を収集できます。説明が不十分であれば、疑問に思い、納得できない患者様も出てきます。

そうならないために、看護師の事前の説明などが重要になるのです。そうすることで、医師も安心して内視鏡検査を行うことができます。

つまり、看護師の役割というのは、内視鏡検査を成立させるための重要なポイントになっているのです。

内視鏡 看護師の役割を果たすために

内視鏡の看護師の役割は、医師や患者様に安心感を与えることと書きました。そうなるために、看護師のスキルアップも求められています。

というのも、近年では普通に看護師が内視鏡の介助をするという感覚ではなく、内視鏡看護師というブランドができつつあるのです。

その証拠になるのが、内視鏡技師という資格を取得する看護師が増えています。この資格は、内視鏡に携わった一定の経験とスキルがあって初めて取得できるものです。

以前からありましたが、内視鏡看護師を目指す看護師が増え、最近やっとメジャーになってきた印象があります。

こういった資格は、内視鏡看護師としての役割を全うするために、役立つものになります。それだけ専門的な知識やスキルがあれば、医師も患者様も安心できますよね。

内視鏡検査は繊細な検査であり、事前のいろいろな制約が不安にさせます。例えば、24時間以内の食事制限などがありますね。しかし、きちんとした事前説明があれば、納得した形で、飲食の制限などを行うことができます。

内視鏡 看護師の役割をしっかりと把握して転職を

内視鏡の看護師の役割をしっかりと把握している看護師はどれくらいいるでしょうか?実際は興味はあるけど詳しく知らないという方が多いでしょう。

内視鏡看護師の役割や仕事内容をしっかりと把握した上で、転職先として選択するかどうかを考えることが大切です。

というのも、内視鏡室の勤務形態は日勤のみでほとんど残業はないという、非常に恵まれた条件であるため、ママさんナースを中心に希望する方が多いのです。

しかし、条件面に惹かれて希望したため、役割がよく分かっておらず入職した後でこんなはずじゃなかったとなってしまうことがあります。

また、内視鏡室の役割などの業務的な部分のマニュアルは、病院やクリニックによって全く異なっています。

よって、内視鏡室経験がある看護師が内視鏡室に転職した場合でも、一から覚え直さないといけないというケースも多いです。

こういったことから、各々の病院やクリニックのやり方を、少しでも事前に把握しておくことが大切と言えます。

そうするための1つの手段として、看護師転職支援サイトを利用するというのがあります。

看護師転職支援サイトでは、ちょっとしたことでも求人先に気軽に確認してくれますので、非常に心強い存在になると思います。上手に活用してみましょう。

このページの先頭へ