内視鏡の看護師 給料はどれくらいが相場なの?

内視鏡の看護師 給料はどれくらいが相場なのでしょうか?実際に内視鏡を希望する看護師でも、給料のことを考えて断念するケースもあります。となると安いとなるのですが、ケースバイケースというのが実情ですね。

内視鏡の看護師 給料の相場的な数字はどれくらい?

内視鏡の看護師の給料は、相場的にいうとどれくらいなのでしょうか?

まずは、金額を伝える前に、内視鏡看護師の勤務形態がどういったものかを伝えますね。

内視鏡の看護師の勤務形態は、日勤のみになります。そして外来部門に属するケースが多いですね。

ただ、外来と違う点というのは、内視鏡室専属の勤務であれば、午後診がないことです。つまり9時~17時の勤務になっているところが多いです。

この勤務時間は看護師にとって魅力的ですよね。そして、日曜日や祝日も休みになっていることがほとんどです。

内視鏡看護師の人気の秘密は、こういった部分にあるのだと思います。

そして、それを踏まえた上で給料を聞いて欲しいのですが、大体外来の正社員の給与と同額か1~2万程度高くなっていることが多いです。

金額で言うと、20万台の前半から半ばくらいですね。専門的なスキルを要する部署の割には、給料が安いと感じるかもしれません。

しかし、上記の勤務時間などのことを踏まえて考えると、十分と言えるかもしれませんね。それに残業もほとんどありませんので、プライベートとの両立がしやすい職場と言えます。

また、この金額はあくまでスタンダードなものであって、例外は結構多く存在します。

専門的に消化器を扱っている病院やクリニックの内視鏡室であれば月給30万以上も珍しくありません。

つまり、内視鏡看護師は件数をこなしてナンボなのです。件数がこなせる職場に行くと、給料が大幅にアップするケースも珍しくありません。

内視鏡の看護師 給料の高い職場の見分け方

内視鏡の看護師が給料の高い職場で勤務しようと考えたときに、どういった点に注意すると良いのでしょうか?

まずは、やはり専門的に内視鏡を行っているかどうかですね。少なくとも毎日内視鏡の介助がメイン業務になるくらいの件数は必要です。

仮に、面接時に内視鏡介助以外の仕事もやってもらう可能性がある、という話が出てくる場合は、あまり給料は望めないですね。

そして、その病院やクリニックの評判が高いかどうかです。地域の中で、内視鏡検査ならあの病院、クリニックというくらいであれば、必然的に給料も高くなっていることが多いです。

というのも、それだけ患者様から支持されるということは、スタッフの質が高いということです。スタッフの質が高い病院、クリニックは給料のベースも高い傾向があります。

給料が高いからそういったスタッフが集まったのか、それともそういったスタッフが多いから給料が高くなったのか。まさに卵が先か鶏が先かの世界ですね。

内視鏡の看護師 給料は介助のスキルによって決まる?

内視鏡の看護師の給料は、どの病院、どのクリニックで勤務しているかで決まります。そして、内視鏡の技術の高い医師に出会うことで、より良い職場を選択することができます。

看護師は医師に引き抜きをされることもあります。勤務医が開業する際に、スキルの高い看護師を引き抜くのです。

内視鏡の介助などは、スキルの高さとともに、相性も重要になってきます。よって、尚更引き抜きを行うケースが多いのです。

引き抜いてくれそうな医師がいないと嘆いている方もいるでしょう。そういった方は、まずは自分自身の内視鏡介助のスキルを磨きましょう。

スキルが高ければ、いずれそういった医師に巡り会える可能性が高くなります。また、巡り会えた時にチャンスをものにすることができるでしょう。

しかし、いつ訪れるか分からないものを待ち続けるのは不安なものです。

自分から動くのであれば、まずは看護師転職支援サイトを利用して、内視鏡の腕の良い医師がいる環境を探しましょう。

腕の良い内視鏡の医師の下で仕事をすれば、自ずと道が開けます。当然ながらよりスキルも向上しますので、給料が上がることも期待できます。

内視鏡検査の看護師は介助の技術次第で、どんどん給料が上がるのです。

このページの先頭へ